メールを楽々一斉送信!仕事の効率を上げられる

個別に送るよりも手間がかからない

新商品を販売する際は1人でも多くの人々にアピールした方が売上がアップしたり、噂が広がったりする可能性は高くなります。新聞や雑誌への広告掲載、テレビのコマーシャル、SNSでの拡散など色々ある中で携帯電話やパソコンなど、日頃から多くの人々が利用している機器で情報を確認できるのがメール配信のサービスです。新商品を紹介する文章や画像、動画を掲載したメールを作成し、配信することでアピールできます。メール配信を活用するメリットは、登録者に対して一斉送信が可能なことです。メールを届けることは登録者のアドレスがわかっていればできるので、配信サービスの利用は必須ではありません。しかし、登録者1人1人に対して個別でメールを作成するのは手間がかかります。

10人や20人程度なら手動でも短時間で終わるでしょうが、50名や100名、500名など人数が増えれば負担の大きい作業になります。大人数に配信するメールを個別で準備するくらいなら、一斉に送信できた方が負担は少なくなりますし、他の仕事に充てられる時間を増やせます。ですから、メール配信サービスを利用することは、仕事の効率を上げられる効果があります。現在、個別に作成していて手間がかかっている場合は、メール配信のサービスの導入を検討しましょう。

上手に使い分けることが大事

短時間で数十人や数百人、数千人にメールを届けられるので、登録者に一斉送信できるメール配信サービスは仕事の効率をアップさせる効果に期待できます。ただ、全てのメールを一斉配信してしまうのは、不要な人にまでメールを届けてしまう可能性があることを理解しておく必要があります。たとえば、特定の顧客にだけ伝えたい情報がある時、メール配信サービスで登録者全員に届けてしまうと混乱を招いたり、不公平な印象を与えたりするリスクを抱えるでしょう。すると、売上低下やイメージダウンという残念な結果になる場合があります。ですから、メール配信での一斉送信と個別での送信は上手に使い分けることが大事です。

その方が登録者に対して適切な情報を提供できるようになりますし、イメージダウンのリスクは下がります。また、メール配信で一斉送信する際は内容をしっかりと確認することが重要です。万が一、間違った情報をたくさんの人に届けてしまうと、信頼を損ねるような出来事が起こる可能性はあります。一度失った信頼を取り戻すのは簡単ではなく、時間がかかります。訂正のメールを配信してもすぐに信頼してもらえるとは限らないため、内容の確認は慎重に行うべきです。