メール配信のシステム

サービス会社を選ぶ決め手にも!メール配信システムの種類

ネットワークサービスの躍進に伴い、多くの人がパソコンやスマホ、タブレットなどのデバイスを持つようになりました。もはや、持たない人の方が珍しいといえるのではないでしょうか。そんな中、メール配信サービ…

クラウド型のメリットとデメリットを知ろう

クラウド型メール配信機能を利用する一番のメリットは、設置・運用に必要な手間や費用が抑えられることです。クラウド型と対をなすのがオンプレミス型のサーバーですが、こちらはすべて自社内で管理をするためカ…

オンプレミス型のメリットとデメリットを知ろう

オンプレミス型のメリットとは?

オンプレミス型のメリットはカスタマイズにある程度の融通が利くという点と、情報漏えいなどのリスクが少ない点が挙げられます。オンプレミス型のメール配信システムは、自社でサーバーからネットワーク、ソフトウェアを用意する方法なので、その会社独自のシステムを構築したり、セキュリティ設定を行います。クラウド型のように外部のサーバーにデータを残す必要はないので、ハッキングなどの攻撃の対象にされづらいという利点があるのです。社外秘の情報やプレスリリースを待つ情報に関する配信を行うことが多い会社は、オンプレミス型のメール配信システムを利用する方が機密は守られるでしょう。 オンプレミス型は何よりも「その会社ならでは」という側面を重要にしている会社が導入するのに向いています。配信する内容に関する情報漏えいを防いだり個人情報の保護を優先するだけでなく、高いカスタマイズ性と自社で関連部門を持つことやシステム関連の委託先を見つけることで得られる柔軟な対応がオンプレミス型のメール配信システムのメリットです。情報の管理やメールに独自性を持ちたい場合には、クラウド型のメール配信システムよりもオンプレミス型の方が適していると言えるかもしれません。

オンプレミス型のデメリットとは?

オンプレミス型にもデメリットはいくつかあります。それは初期費用が高いということ、また手間がかかり、導入後もすぐに使い始めることができないという点です。オンプレミス型はサーバーからソフトウェアまで自社で用意する必要があるため、それと同時にシステム関連の専門の社員がいないと運営ができません。もし会社にシステム部門がなければ外部の委託先を見つける手間がかかります。最初期のシステム構築からセキュリティの設定、運営や障害があった際のメンテナンスなども一手に引き受ける重要な役割なので外すことも出来ないので注意が必要です。そのため初期費用はシステムだけに導入にかかる費用のみでなく、場合によっては新たな人件費などの経費も必要となります。 さらに導入後もシステムの構築などには長いと数か月程度かかるなど、すぐには開始できないというのも知っておきたい所です。クラウド型はカスタマイズなどが制限されるかわりに、サービスに登録すればその瞬間からメール配信の機能を使用することが出来ます。メール配信をすぐに始める必要があるという場合、オンプレミス型はミスマッチと言えるでしょう。手間や費用がかかっても自社らしさのあるメール配信を行いたいという場合に、オンプレミス型は強みを発揮してくれます。

メール配信の活用方法

メール配信システムは低単価で始められるサービスもあるものの、せっかく利用するなら最大限に活用したいものです。そこでメール配信で一体どんなことができるのかについて見ておきましょう。簡単に使えますが仕事の効率や進め方にいい影響を与えてくれる可能性があります。

メールを楽々一斉送信!仕事の効率を上げられる

マーケティングにも活用!ローコストで会社の商品を宣伝できる

パソコンが苦手でも安心!だれでも簡単にデザイン性の高いメールが作れる