パソコンが苦手でも安心!だれでも簡単にデザイン性の高いメールが作れる

綺麗なデザインメールも手軽に送信可能

キャンペーンメールや、割引情報などをメールで送る場合には、見た目のデザインも大切な要素になるものです。デザイン性の高いメールを作るためには、HTMLなどのスキルが必要だったり、ある程度IT系の知識が必要になるのも実情です。繁忙期などで、急に大量のメールを送信する必要が生じてしまった場合でも、社内にパソコン系に詳しい方がいない場合には、イメージ通りのメール送信ができないのも実情だったりします。

社内にメール配信システムを導入することにより、パソコンに関するスキルに関係なく、誰でもデザイン性の高いメールを簡単に送れるようになります。システム内に格納されたテンプレートを使って、イメージ通りの販促メールを短時間で送れるようにすれば、業務の生産性は大きく向上していきます。

メール配信システムには、クラウドサービスを使ったタイプと、自社で構築するオンプレミス型があります。オンプレミス型は、カスタマイズを自由にできますが、導入費用が高額になる傾向があります。クラウドサービスによるメール送信システムの構築では、少ない初期費用で導入することが可能ではありますが、カスタマイズが難しい部分もあります。導入に掛けることができる予算と、将来的な利用を考えた上で、適切なシステムの導入を進めていくのが良いでしょう。

デザインメールを作るためのコツ

メール配信システムを使って、綺麗なデザインメールを作成するにあたっても、ある程度のHTMLメールに関する知識は必要になっていきます。読み手を意識したメールデザインでなくては、送信した結果を、思うように売上へと結びつけることはできないものです。デザイン性と同様に、メールを受信した人が、パソコンやスマートフォンでも同様な感じで見られるように、レスポンシブルなデザインであることも大切です。 メールを作成するにあたり、ターゲットユーザーのペルソナを作り上げることで、読み手に好まれるデザインは見えていきます。社内の顧客管理システムと連携しておけば、ユーザーの属性情報も得ることができますから、年齢や性別、購買動向などのユーザー情報を得ることもできるものです。 配信相手を意識したデザインメールができた後は、可能な限り多くの端末での動作確認を行うことも必要です。ターゲットユーザーが、どのような端末でメールを閲覧したとしても、同様な感じの表示がされないようでは、購買意欲を歓喜することは難しいからです。メールに記載されるランディングページへの導線も含めて、メールを受け取ったユーザーが戸惑うことがない作りを心がけていきましょう。

メール配信APIとは、WEBCASという管理画面を使うことなく、直接相手の管理システムを操作することで大量にメールを配信できる機能です。サーバーへの負荷を気にする必要がなく、運営を安定させることができます。